【感想】早稲田大学法学部一年生の春夏学期

試験は法律科目、民法憲法刑法導入講義/一般教育科目、1科目/語学科目、3科目の合計8科目でした。他学部と比べると一応多めみたいです。形式は論述が多く、大論述や小論文の練習をしてた人にはとっつきやすくなってます。2週間前くらいからサークルを完全に休んで、放課後中央図書館や学読でレポートやったり試験対策やったりしました。正直なところやればやるほど勉強不足を感じました。


試験の手ごたえは微妙なものもありますが手が動かないということはなく一応は勉強したことが書けたのではないかと思います。法律科目ではほぼ完全に出題を当てたので実力といえるか怪しいところですが(笑)。成績発表は9月になるまでわからないので夏休みの間はわすれておいていろんなことに挑戦できればと思います。


おおまかに予定を言うと 3泊5日の旅行(国内・国外)、3泊4日の競歩合宿、4泊5日の校外学習、ライブ公演に9日間など予定が入っています。リア充っぽいですが驚くなかれ、大学の友達とは何の予定もありません……。サークル合宿も競歩だけですね。いちおう高校の友達と計画してる旅行はあります。なんにせよせっかくできた大学の友達も夏の2か月間会わなくて疎遠になってしまったらもったいないので誘ったりしてみようと思います。読者の方で会ってみたい方がいればホイホイついていきますので誘ってくださるとうれしいです。