東大受験生ブログランキング 東大受験生ブログランキング 東大受験生ブログランキング 東大受験生ブログランキング 東大受験生ブログランキング

数弱いぷ〜んの文Ⅰ戦記

報われる努力をする

海斗は今何をやっているか?

 どうもー お久しぶりですね~

 

 このブログのカテゴリーを見返していたら、海斗に関する記事が少なかったので増やしてあげることにします。カテゴリーはこちら⇒

 肝心の海人なんですが、一巻で圭と別れたあとはペットボトルを持って歩いているシーンの登場しかありません。これは絶対に伏線だ!と感じます。

 主人公の唯一の理解者である彼が埋もれていくはずはありません。ここで、今彼は何をやっているのか考えていきます。

 今回はいつもとやり方を変えて、つらつらと4,5行ずつ書いてみようと思います

 

 まず考えられるのは、あのあと一人で九州の親戚の家まで行っていた、考えです。もちろん圭は九州を諦めていますから、いってからしばらくして埼玉に戻ることでしょう


 その後圭が研究所から脱出成功する様子を見て、何をするだろうか?圭を人間と亜人から守るため出来ることとは何でしょうか?


 人間が亜人に出来る事などほとんどありません。トーキョーグールの場合だと、主人公の親友は主人公に喰われてエネルギー(意志)として残りました。この原理で考えると、海斗は死ぬことでしか圭に貢献するのは難しいということになります。


 死後圭が覚醒したり、IBM何らかの影響を残すと考えられます。


 次に佐藤たちとは別の亜人組織と接触していた場合です。存在すら危ういものですが、国内だけでも毎年100万人以上(行方不明者を含めるとさらに多い)なくなるわけです。他にも有ると考えられます。


 その場合、今後圭にも接触を試みるでしょう。その時周囲がどうなっているのかは想像もつきません。


 おまけ

最近仲良くなった、亜人考察専門サイトやっておられる方です